★ペンション備付けの天体望遠鏡など観測機器は以下の通り!
 双眼鏡 口径40mm8倍 視野8・6°(網膜焦点レンズ)
 セレストロン NexStar Evolution 8(最新型天体自動導入機)
 鏡筒セレストロンC8口径203mm (シュミット・カセグレン屈折反射)
 設定後に天体名や天体番号を入力すれば天体を自動導入!
 主要機種 意外な経緯で入手 Vision King 80600
 口径80mm アクロマート?(透過マルチコートレンズ)
 屈折望遠鏡 マイクロフォーカス付で使い勝手も良好!
 A80Mfより焦点距離が短い為レンズが明るく広視界で◎
 
広がりのある星雲・星団は40o惑星など高倍率は4mmで
 上記の機種は天体名・天体番号や光学系の基礎知識が必要!
 鏡筒ビクセンA80Mf屈折望遠鏡(天頂プリズムで正立像に)
 口径80mm アクロマート(プラスチック製マルチコートレンズ)
 架台PORTAUフリーストップ経緯台(手動導入微動ハンドル付き)
 設計が初心者用で扱いも楽ですが天体の導入と追尾には経験が!
 上記の鏡筒ビクセンA80Mfと架台PORTAUは(貸し出し可条件有)
 アイピース(接眼レンズ)は
 マスヤマ 60mm25mm15mm7.5mm
 PL 40mm20mm13mm10mm6.3mmmm

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★


CerestronNexStarEvolution8

Vixen PORTAU−A80Mf

星観人の想い
でもスターウォッチングの原点は肉眼で見ること。運が良ければ 5分に一度は流れ星を見つけることができるので大地に寝っ転がって星を見ることもお薦めです! 都会で育ったお子さん達は真っ暗な中を歩くのもはじめてならましてや地面に寝っ転がって降り注いでくるような、圧倒的に美しい星空を見上げるのもはじめて大人でも感動しますので!きっと忘れられない幸せな想い出になるでしょう(備え付けの断熱シートも自由に使ってくださいね)また多少でも星が見えればポインターでの星空案内を行っています。(星空案内人より)

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

M45プレアデス星団(昴)

SL9彗星衝突後の木星

球状星団 M13

百武彗星(C/1996B2)


★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

drive_logo2s.gif (2728 バイト)

スターウォッチング関連リンク

stgelogo.gif (1360 バイト)

2001感動のしし座流星群 In 野辺山
ドライブ気分編

2001年!野辺山高原は嵐の様に流星が流れ!歓声が絶えませんでした。
詳しい様子は私の星の仲間のホームページ下記を御覧下さい!

スターゲイズしし座流星群報告